「わふくジェネ」の魅力と買い方を徹底解説!

読者
・わふくジェネってなに?
・WAFUKUさんってどんなクリエイター?
・わふくジェネを安く買う方法を教えて!
こんな疑問をお持ちの方はぜひお読みください!
ジェネラティブNFTプロジェクト「WAFUKU Gen」、通称「わふくジェネ」について、Discordモデレーターであるようへー今公開されている情報をまとめました!(2022年9月1日現在)
「ジェネラティブ」はデザインされた複数の素材パーツ同士を機械的に掛け合わせて作品を作る手法のこと。
なるべくコストを抑えてNFTを購入する方法もまとめていますのでぜひ最後までお読みください。

わふくジェネはどんなプロジェクト?

NFTプロジェクト「わふくジェネ」の概要

和服を着たかわいい女の子を描いたNFTで有名なクリエイターWAFUKUさんとマーケターのソロさんがタッグを組み、ジェネラティブNFTを世界に届けます。

わふくジェネでは、20人の女の子をベースに様々な和服や小物、背景、そして、音楽を組み合わせて重複のない11,111点の作品が生み出されます。

 

テーマは「Summer Emotionality」

・風鈴が風にゆれて聞こえてくるきれいな音
・夏祭りであの人と一緒に見た花火の思い出
・夏休みに行った海の波の音

夏のことを思い出すと心がなんだかゆらめきませんか?

そんな夏のエモさをテーマにWAFUKUさんがデザインした作品がこの夏生まれます。

 

ファウンダーの思いがこもったnote

そして、必ず読んでほしいのがWAFUKUさんのnote

わふくジェネのプロジェクトを発表した際の記事です。

note(ノート)

こんにちは、WAFUKUです。 はじめてnoteを書くので、とてもドキドキしています。笑 なぜ私がnoteを書いている…

WAFUKUさんがこれまでNFTクリエイターとして活動するなかで感じていた悩みや葛藤を正直に打ち明けています。

それらと向き合ったうえで「このプロジェクトをやりたい」と思ったきっかけやこのプロジェクトに対する想いが綴られています。

 

音楽付きNFT

なんとすべての作品に音楽が付いています♪

音楽付きの11,111点ジェネラティブは初めてではないでしょうか!

 

そして、こちらの音楽はホルダーでなくても、わふくジェネ公式HPで聞くこともできます。

しかも、バックグラウンド再生も可能ですので作業用BGMとしてはいかがでしょう。

 

WAFUKUさんはどんなクリエイター?

WAFUKUさんのメインコレクションはこちら👇

 

WAFUKUさんは、2021年10月に1点もののNFTコレクション「Crypto”WAFUKU”NFT」を立ち上げてデビューした人気NFTクリエイター。

「Crypto”WAFUKU”NFT」の最初の3作品は国内最高クラスのNFTコレクションCryptoNinjaのファンアートを制作し、2021年10月当時の国内では高値の0.15ETHで取引され、国内での認知度を一気に高めました。

その後「Crypto”WAFUKU”NFT」はオリジナル作品を展開し、非常に高い人気を獲得しています。

これまでOpenSeaで計34点の作品すべてを売り出し直後に完売しています。

フロアプライス(二次流通での最低販売価格)は1.8ETHです。(2022年9月9日時点)

 

そんな人気クリエイターWAFUKUさんが作り出す今回のジェネラティブコレクションも素敵なデザインになることはまちがいないでしょう。

 

マーケティング&セールス担当のソロさんはどんな人?

ソロさんはNFTマーケティング集団の「NMO」に所属するNFTマーケターです。

国産ジェネラティブの進捗状況を日々Twitter上で発信するなど、ジェネラティブNFTのマーケティングについてはとても詳しい人物です。

既にNFT購入に400万円ほど使っていることからもNFTにフルコミットしていることがわかります。

他にも過去には博報堂に勤めていた経歴があり、マーケティング全般に強みがあります

 

今後のわふくジェネ

8月28日に販売直後に完売したわふくジェネ。

しかし、売って終わりではありません。

9月1日には、「秋のころもがえ」が発表されました。

特定の条件を満たした方を対象に、秋の和服や着物にイラストを変化させることができるイベント。

 

「ころもがえ」以外にも様々取り組みが進められていますので気になる方はDiscordを覗いてみましょう!

 

わふくジェネを買う!【たった5ステップ】

さて、ここまでは「わふくジェネ」の魅力と優先購入権の獲得方法について解説しました。

ここからは「わふくジェネ」の実際の買い方を解説していきます。

NFTを購入するためのステップは大きく分けると5つに分かれます。

 

  1. 国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
  2. MetaMaskをインストール、ネットワーク設定をする
  3. MetaMaskにETHを送金する
  4. OpenSeaにMetaMaskを接続する
  5. OpenSeaで「わふくジェネ」を購入する

 

ブックマーク🔖していただくと後でわからなくなっても見直しやすいですよ!

 

STEP①仮想通貨ETHを日本の仮想通貨取引所で手に入れる

 

「わふくジェネ」を購入するためには仮想通貨イーサリアム(ETH)で支払いをする必要があります。

仮想通貨ETHは日本の仮想通貨取引所で手に入れることができます。

ようへー
今回使用する仮想通貨取引所はGMOコインをおすすめします。

なぜなら、GMOコインは①仮想通貨ETHの取引手数料が安い、②仮想通貨の送金手数料が無料、③日本円の入出金手数料、というNFT取引をする方にはお得な要素がたっぷりだからです🔥

GMOコインのメリット

  1. 仮想通貨ETHの取引手数料が安い
  2. 仮想通貨の送金手数料が無料
  3. 日本円の入出金手数料

>>GMOコインの公式サイトはこちら

 

基本的に本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証)とスマホで自撮りができる環境を準備していれば10分もあれば手続き可能です。

手続き後に承認されるまで数日かかる時もありますので、早めに手続きをしておきましょう。

 

なお、コインチェックも今なら1,500円分のビットコインがもらえるお得なキャンペーンを実施中なのですが、NFT取引に必要なETHの購入手数料が高いので、今回の目的にはあまり適していません…。

 

STEP②MetaMaskをインストールする

 

OpenSeaと接続するデジタルウォレット(=財布)であるMetaMask(メタマスク)を手に入れます。

MetaMaskはウェブブラウザのGoogleChromeの拡張機能ですのでインストールする必要があります。

 

ようへー
インストール方法は以下の記事に画像付きで解説していますので安心してください!
📖あわせて読みたい📖

この記事はどんな人向け? DeFiやNFT取引のためにデジタルウォレットMetamaskを使いたい方 この記事の概要 DeFiでの運用やNFT取引を行う上で必須のデジタルウォレット。 今回は代表的なデジタルウォレット「Metamas[…]

 

 

STEP③MetaMaskにETHを送金する

 

仮想通貨の財布であるMetaMaskの設定ができたら、財布にお金(ETH)を入れます。

MetaMask上のEthereumネットワークのアドレスに国内取引所で手に入れたETHを送ります。

ブロックチェーンの種類の1つ。有名なNFTの多くはこのEthereum上で取り扱われています。
ようへー
送金の手順は使っている取引所によって違うので調べてみてくださいね!

 

なお、MetaMaskのウォレットアドレスはMetaMaskのマイページトップで確認ができます。

 

STEP④OpenSeaのアカウントを登録する

 

OpenSeaに移動します。

「作成」をクリックします。

ウォレットをOpenSea」と接続する必要があるのでMetaMaskで「Sign In」します。

もう見慣れたMetamaskの画面が出てきますが、「署名」をクリックします。

すると、「General Settings」という画面に移動します。

※すみません、画像がありません。アカウント名(Username)と自己紹介(Bio)、メールアドレス(Email Address)の入力を求められますのでそれぞれ入力します。プロフィール画面へはトップページの右上から入ることができます。

先ほど入力した情報の変更も可能です。

アカウント名の横の縦に3つ点が並んだマークをクリックすると「Settings」が出てくるのでそこからプロフィール内容の変更は可能です。

 

 

STEP⑤OpenSeaでわふくジェネを買う

 

いよいよわふくジェネを購入しましょう。

まずは、OpenSeaのわふくジェネのページへ移動します。
NFTは偽物コレクションがあることがありますので、基本は必ず公式サイトや公式Twitter、Discordの公式リンクから正しいコレクションのリンクを踏みましょう!
また、DiscordのDMは偽サイトへの誘導リンクが張られていることが多いので決してリンクを踏まないようにしましょう!

こちらが本物のわふくジェネのページです→https://opensea.io/collection/wafukugen

 

続いて、気になる作品をクリックします。
次に、「Buy now」をクリックします。

 

購入するコレクションの詳細が表示されるので、チェックを入れます。

 

「チェックアウト」をクリックします。

 

「Sign」をクリックします。

 

「署名」をクリックします。

 

取引が承認されると、以下のような画面が表示されます。

 

作品ページの取引履歴欄を見ると、あなたが購入した履歴が表示されます。

 

 

わふくジェネの購入予算を手に入れる方法!

わふくジェネは一次販売では、無料~0.003ETH(0円~約450円、2022年7月13日現在)と安価に手に入れることができます。

でも、せっかくフリーミントやホワイトリストでたくさん手に入れられる権利を手にするなら、お金を気にせず上限枚数まで買いたいですよね?

そんな方向けに上場企業関連企業が実施するお金がもらえるキャンペーンをまとめました👇

関連記事

かんたんに稼ぐ方法ないかな… そんな甘い話ないだろう、と思いきやあります🔥 今回は上場企業が資本を入れている安心感のある会社が行っているキャンペーンをまとめました。 総額9,500円分です&[…]

サービス自体も実際に私が使っているおすすめサービスのみを厳選しています。

この機会に活用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

わふくジェネの魅力と買い方について解説しました。
わふくジェネは熱い夏をより楽しいものにしてくれるプロジェクトになるはずです🔥
乗り遅れないように、公式Discordは定期的にチェックしに来てくださいね!

 

また、わふくジェネを購入するためには仮想通貨イーサリアム(ETH)で支払いをする必要があります。

仮想通貨ETHは日本の仮想通貨取引所で手に入れることができます。

ようへー
今回使用する仮想通貨取引所はGMOコインをおすすめします。

なぜなら、GMOコインは①仮想通貨ETHの取引手数料が安い、②仮想通貨の送金手数料が無料、③日本円の入出金手数料、というNFT取引をする方にはお得な要素がたっぷりだからです🔥

 

>>GMOコインの公式サイトはこちら

 

基本的に本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証)とスマホで自撮りができる環境を準備していれば10分もあれば手続き可能です。

手続き後に承認されるまで数日かかる時もありますので、早めに手続きをしておきましょう。